口唇ヘルペスの早い治し方は飲み薬、塗り薬、健康管理

ヘルペスといってもできる部位などでいろいろありますが今回は身近な口唇ヘルペスについて書きます。

まず、早い治し方の前に原因が分かっていると未然に防いだりすることもできるのでそちらから。

ヘルペスはただの肌トラブルではありません。

原因となるのはヘルペスウイルスの感染です。

このヘルペスウイルスは接触感染をします。

つまりヘルペスウイルスに触れなければ感染しないのです。

ヘルペスの感染ルートはパートナーがヘルペスウイルスを持っている場合やウイルスを触った人の触れたものを共有したりくしゃみで飛んだりなどが一般的です。

もちろん自分のウイルスを症状がない別の部位につけてしまうとそこでもヘルペスが起こる可能性があります。

そして一度治ったように見えても体内の神経節に潜伏します。

要は一度ヘルペスに感染したらずっとヘルペスウイルスを体内で飼っているようなものなのです。

疲れがたまったり免疫力が下がると潜伏しているヘルペスウイルスの活動が活発になり再発します。

ヘルペスウイルスの基本的なことはここまでで書いたのでここからがいよいよ治し方です。

上気した通り一度ヘルペスに感染したら潜伏するので「治す=症状を落ちつける」ことになります。

まず症状が起こる理由は疲れや免疫力の低下なので休息と栄養補給が大切です。

体も心も休めて患部への刺激が少ない食事をしっかりとることで治るスピードが早くなります。

炎症が起きているようなものなので香辛料などの刺激物を取ると治りは悪いです。

ビタミンB・Cなどは肌の回復を手助けしてくれます。

そしてヘルぺスを早く治したいならやはり医薬品の使用をお勧めします。

OTCにもヘルペス再発用の医薬品を売っていますが症状を明確にして素早く治したいのであれば医療機関にかかるのがベストです。

そして塗った後、30分は患部をなめたり飲食・歯磨きなどは控えた方がいいです。

せっかく幹部に塗った医薬品が取れてしまいます。

また、処方箋医薬品で飲み薬もあります。

飲み薬+塗り薬+健康管理。

これが一番早く治す方法になります。

(大分県 yoshiさん)




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ