引きこもり休養で口唇ヘルペスを早く治す

わたしは30代後半の女性です。

ごく小さい頃から、2-3年に一度ほどの割合で、口唇ヘルペスが出ていました。

家族にもヘルペス持ちが多く、似たような頻度で「出ちゃったよ」と言い合っていたものです。

ある時、学生時代にアルバイト先で、私の唇のヘルペスのことをみとがめた上司がこう言いました。

「そんなものは、マルチビタミンのサプリメントでも飲んでりゃ、速攻で治っちゃうよ!」

その場では素直にうなづいておきましたが、果たしてそうでしょうか?

そもそも、口唇ヘルペスが出て来るタイミングというのは、心身の疲労やストレスといった負荷が、かなりの高レベルで蓄積した時です。

疲れがたまって、身体の免疫機能が低下し、そこへもって自前のヘルペスウイルスが活性するわけです。

ですから、ヘルペス治癒に関して優先して行うべきなのは、サプリメントなどによる新たな栄養の補給ではなく、休養…これに限るのではないでしょうか。

しっかりと身体を休めて睡眠時間を確保し、その上で栄養補助のサプリを摂るというのなら、もちろん良いと思います。

ですが、そもそもヘルペスは「休養不足」のサインとして体が発しているものですから、そのメッセージを取り違えるのはどうでしょうか。

上司が言うように、サプリを薬のように使用して、変わらずガンガン元気に頑張れ…という方針では、どう考えてもヘルペスの治癒は長引きます。

この一件を踏まえ、これ以降ヘルぺスが出てきた際に何度か試してみた手法です。

唇の表面に、ぶつぶつとした初期症状の水疱が出て「あっ、ヘルペス!まずいな!」と思った瞬間から、全ての予定をできるだけキャンセルして、自宅にこもるようにしました。

ひたすら眠る時間を8時間以上確保し、ちょっとした外出すらも控えて過ごします。

もちろん顔はノーメイク。

保湿などの必要最低限のケアをするにとどめます。

食べ物は、刺激の強いものや脂質の多いものは避け、雑炊やおかゆなど、胃腸に負担の少ないものを選びました。

こうすると、ヘルペスが真っ赤な炎症を起こさずに、小さな水疱だけでやがて消えていく…ということが多かったです。

外でお勤めの方などはなかなか難しいかもしれませんが、運よく週末をまたいでヘルペスが発生しそう、という場合には非常に有効です。

ぜひ、お試しください。

(海外 ゆっぴーさん)




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ