手の指にヘルペスができてヘルペスの塗り薬で治しました。

わたしは20代のころから口唇ヘルペスに度々悩まされてきました。

大抵の場合はストレスや体調不良が原因で始まり、唇の傍や、まれに唇内にも小さな水泡がたくさん出て、痒かったり肌が引っ張られるような違和感があったり、唇が腫れているような感触がします。

数年前のある時期に、口唇ヘルペスの症状は治まっていて、自分がヘルペス持ちだという自覚も薄れていた時に、

手の指にひどい肌荒れが起こりました。

しばらくすれば治るだろうと気楽に構えて放っておいたのですが、日に日に指の肌荒れはひどくなり、右手の人差し指から中指の付け根から第二関節までを覆うようにガサガサになっていきました。

痒みや若干の痛みも伴っていたため、さすがに不安になって近くの薬局に駆け込みました。

薬剤師さんに荒れ果てた指を見せ、症状を説明したところ、神妙な面持ちでこう尋ねられました。

「最近大きな悩みやストレスを抱えている?」

肌荒れの相談に来たのにこの人は一体何を言っているんだと、最初は意味がわかりませんでした。

が、ふと自分がヘルペス持ちだという事実を、薬剤師さんの言葉をきっかけに思い出しました。

まさかこの指の湿疹がヘルペスなんですかと尋ねると、薬剤師さんはゆっくりとうなずきました。

ヘルペスといえば唇周りに出来るものだと思い込んでしまっていたので、まさか指にヘルペスが現れるとは想像もしていませんでした。

その時期、私は確かに大きなストレスを抱えていました。

ルームシェアの同居人と上手くいっておらず、引っ越したいけどお金も、いい物件もないという辛い状況でした。

精神的ストレスが原因で荒れ果てた指を見て、生活費を切り詰めてでも引っ越そうと決意しました。

ヘルペスの市販の塗り薬を買って薬剤師さんにお礼を言って店を出て、すぐに引っ越しを敢行しました。

一人暮らしになったとたんに指のヘルペスの症状は緩和されました。

(ドイツ、NOKAさん)




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ