風邪や生理前のヘルペスが発病した時の治し方は飲み薬のバルトレックスがおすすめ

わたしは20歳を超えてから、ヘルペスに悩まされるようになりました。

わたしの記憶する限りで初めて現れたのは口唇ヘルペスでした。

その時、私は海外留学中で、慣れない言語と慣れない環境をはじめ、気候の変化など、自分を取り巻くあらゆるものからストレスが溜まっていました。

勉強に行き詰って、精神的に追い込まれていた時に、風邪をひいて高熱が出ました。

一晩苦しんで汗をかきまくり、翌朝には熱は引いていたのですが、唇の左端に大きなヘルペスができていました。

私には最初それが何なのかよくわかっておらず、何かのアレルギーか熱の後遺症でおかしな肌荒れが出たのかと思っていました。

級友や先生方は、私の口唇ヘルペスを見てとても心配しました。

ストレスが溜まっているのだ、体調が悪いんだ、しばらくよく休めとアドバイスされて初めて、それが口唇ヘルペスというもので、ストレスや体調不良が原因となって引き起こされるものだと知りました。

膿のような状態が数日続いた後、患部全体がカサブタになって、また数日間顔に大きくのさばり続けました。

人によっては食べこぼしがついてると勘違いする人もいたので、口唇ヘルペスが治るまではとても恥ずかしい思いをしました。

幸い肌にシミなどは残らずキレイに治ってくれたのですが、それ以来1m2年に一度ほどのペースで小さなヘルペスが出来るようになってしまいました。

通常は唇の左端にできていたのですが、一番最近できたものは上唇の中央あたりに現れました。

リップクリームも口紅も塗れないうえ、その時は治るのにずいぶん長い期間がかかって閉口しました。

いずれにせよ、風邪をひいたときや生理前で体調が悪い時などに口唇ヘルペスは発病しやすいようです。

ヘルペスは一度感染してしまうと一生消え去ることはない症状らしいので、これからもずっと付き合っていかなければいけないと思うと少々気が重いです。

体調が悪くならないように、日常の健康管理やストレス管理に気をつけないといけないと思っています。

そうやって、健康管理やストレス管理に気をつけてもヘルペスが発病することがあります。

そんな時は違和感を感じた時にすぐにヘルペスの飲み薬のバルトレックスを服用するようにしています。

わたしは個人輸入でバルトレックスを購入して常備薬として保管しています。

ヘルペスの違和感を感じてから病院に行っていては遅いのです。

仕事中や夜間などで病院に行けないとこはたくさんあると思います。

そんな時でもすぐにヘルペスの飲み薬が飲めるように自宅や会社に常備しています。

わたしはバルトレックス1000mgを購入しており、1回に半分の500mgを服用しています。

1日に2回、バルトレックス500mgを服用します。

うまくいけば、2~3日でヘルペスが治まります。

ヘルペスの水膨れが小さくなり、破裂しないで治ってしまいます。

ヘルペスの再発でお困りの方は、バルトレックスを常備薬としてもっておくことをおすすめします。

(東京都、NOKAさん)




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ